JavaScript対応ブラウザで表示してください。 印刷用ページを開く

 見えない床下から『健康な住まい作り』を進めています。


床下環境を整える
◇憧れの床下とは
私は床下に40年間はいずりまわった人間ですが、いつも感じることは、上物は一流でも、何で床下は三流五流なの? ということです。

私が体で知った良い床下は、まず、人が自由にもぐれること。点検できないと話にならないから、地面から床までの高さは450ミリは欲しい。それから床下収納庫とか畳の下とか、どこか一ヶ所から入れて、すべての部屋に通じていること。設計上の問題もあるでしょうけど、間仕切りの布基礎が密閉したままだと、どうしょうもない。通気口はできれば直線に空けるのが理想。南北にあるならば、その間の直線にあたる間仕切りの布基礎部分もカットする。これをすると、待ってましたとばかりに風がスーッと通るんですよ。

これまでに新築の予防施工が5千軒、既築のもぐり物件が5千軒で、約1万軒の床下を見てきましたが、すばらしい床下はほんの一握り。若い頃のことだから、場所は東京都下としか覚えてないし、口で説明するのも難しいけれど、ちりひとつ落ちておらず、なんともいえない適度な湿り気のある心地よい微風が、どこからともなく吹いてきて、30分間寝ちゃいました。




シロアリの予防と駆除

◇自然抽出物であるから、全て安全、安心という訳ではありません!!
よく世の広告などで「原料が自然物だから安心です」という謳い文句を目にしますが、自然抽出物であるから、全て安全、安心という訳ではありません。まず、希釈率ですが、これは自然素材を扱う事に於いて最第一の重要な課題と捉えております。

例えば、当社は防蟻剤にヒバ油を使用していますが、ヒバオイルは100kgのヒバの端材より1リットル前後しか抽出できないと云う事で、ヒバ油原液をそのまま使用すると問題が起きる事も考えられます。

ヒバオイルは、哺乳類や昆虫類の筋肉を硬直させる働きがあります。人も哺乳類。希釈率によっては「安全、安心」ではなくなる怖れがあるわけです。例えば身体によい食品でも、同じことが言えると思います。


ヒバ油の成分には、100種類にもなる成分がありますが、その中に於てヒノキチールがかなり有名な存在になっております。抗菌・抗カビの作用があり防蟻効果も考えられますが、しかし、ヒバ油の成分の内、防虫性はシトロネール、殺蟻性はトリメチル・ナフタレンと云う成分のようです。又、土壌処理として使用している『コレマドライDA』と云う(既築のみ)長期防蟻効果を発揮する自然鉱石を併用して土壌防蟻処理施工に従事しております。



シロアリ予防施工手順

新築住宅の防蟻施工の様子です。
セン孔処理 セン孔処理
玄関ドアに近い両サイドの土台角の土台部分、浴室水周り周辺、床束等のポイント部分に穴開けしヒバ油を注入します。
ヒバ油吹き付け処理 ヒバ油吹き付け処理
ヒバ油の原液に溶剤を希釈したものを、電動モーターで噴霧吹付処理します。
天然素材だからこそ適切な希釈率で丹念に時間をかけて施工します。
木栓打ち 木栓打ち
ヒバ油吹き付け処理終了後は、セン孔処理の穴に木栓を打ち込みます。(新築施工の場合)
(既築の場合は、床下部分は、木栓は打ちません)



床下換気が必要なわけ

床材も呼吸をしています。通気がなければ、炭の敷き詰め施工の効果も半減します。現代住宅の床下は、往々にしてコンクリートで仕切られ、腐れ・カビ・結露の発症の温床となっています。床下から住宅環境を見たとき、これでは不健康きわまりありません。新築はもちろん、既築の場合にも基礎から床下換気を考える必要があります。

スーパークリーン
スーパークリーン
スプレットファン
スプレットファン

◇スーパークリーンの特長
・特殊アルミファン採用により大風量・低騒音を実現
・アルミダイキャストモーター採用により、更に安全設計
・タイムスイッチは温度センサー(現在開発中)対応型
・長期間保障(本体5年、タイマー2年)
・消費電力は1日5時間作動で1ヶ月/170円程度

スーパークリーン運転時の畳含水率 強制換気装置を取り付けると床下の空気流通がスムーズになるばかりか、ファンの力で床下の内圧を低くし、湿気を吸引。結露やカビの原因を床上に逃がしません。ハウスキーパーのおすすめするスーパークリーンは畳内に含まれる湿気も1/3以下に減少します。

◇理想的な床下換気
理想的な床下換気の図 @南側の換気口がない場合は新設します
A中間仕切りで通気のない場合は開口部を作ります
B排気の近くの換気口は塞ぐ場合があります
C家屋の側面(西側・東側)にも自然の換気流の入り口を設けます



耐震補強金具って何? 私のお薦め!!


◎ただ今、区、市等の自治体が無料診断を行っているはずです。建築課にお問い合わせください。その際、お声をかけていただければ床下の状況を調査してご報告いたします。
日程は自治体の無料診断の日時に出来る限り合わせます。

◎阪神大震災以降の建物は、建築法の条例のより、かなりの耐震用金具が据え付けれていますが、それ以前の建物は厳しいものがあります(但し、建物によります)。

◎各区役所、市役所(自治体)が耐震の助成金の援助をしてくれるはずですので大いに活用してください(自治体により異なります。各自治体にお問合せください)。

耐震診断は自治体が行っているものが無料ですし、安心できますので、是非これを利用すべきです。

静的診断(耐震) 家屋の間取り、壁量等をパソコン・ソフトに入れ込み、重心、剛心の分岐点などを割り出し、耐震ランク等の数値を指し示す
動的診断(耐震) 地盤から来るところの微震動を専門機器から割り出し、そのデータをグラフに指し示したもの
※動的診断は5〜8万前後の金額がかかります。

静的診断も動的診断も、あくまで一つのデータであり、目安と考えるべきです。絶対視はすべきではないと思います。極端な話、八寸角のような大黒柱も、割りばしのような細いものも、コンピュータの判断は同等に捉えられる場合もありえます。あくまで参考にすべきです。

◇建築士が見れば全て良しか?
決してそれだけでもありません。床下の状況には「木材の含水率」「シロアリによる喰害」「腐朽菌の有無」「床下の間仕切り」「床下における構造材の劣化」「通気の善し悪し」「土壌の状況」等、多くの要素が含まれます。建築士、そして、床下の専門家(シロアリ業者)が総合判断するのが最善と考えます。
その上で予算に応じて出来得る限りの効率の良い耐震補強金具の取り付け施工がベストと思います。


施工の様子

新築・既築住宅における当社の施工の様子です。
ヒバ油噴霧処理1 ヒバ油噴霧処理2
新築時におけるヒバ油の吹き付け、噴霧処理
コレマドライDAによる土壌処理 セン孔処理
土壌処理剤(コレマドライDA)にて家屋の周囲、または、状況により家屋の床下に敷き詰め施工となります。基本的には新築の場合は外、既築の場合は床下部分となります。 ポイント箇所へのセン孔処理(浴室、玄関、各コーナー)
床下ヒバ油噴霧処理
ヒバ油の吹き付け、噴霧処理。床下部分のほとんどです。
玄関ドア枠セン孔処理 浴室セン孔処理
玄関ドア枠のセン孔処理。玄関と浴室は床下からの施工が不可能となりますので、お客様の承諾を得た上で施工させていただきます。
キソ切り施工・補強金具取り付け 風窓新設施工
キソ切りとキソの弱体化を防ぐための補強金具(キソフレーム)の取り付け(清掃前) 風窓が少なく、床下の空気の流通が悪い場合の風窓新設施工
開口部 床下土壌処理剤敷き詰め施工
開口部より床下に入り、施工を行います。通常は床下収納庫より入ります。 土壌処理剤(コレマドライDA)の敷き詰め施工
特殊施工 外周土壌処理剤敷き込み施工
特殊施工。床下空間がほとんどない場合の特殊機器による施工。 土壌処理剤(コレマドライDA)の敷き込み施工
床下空気拡散ファン 耐震補強プレート取り付け施工
床下空気の拡散ファンを設置。空気のよどみを喚起させます。 耐震補強プレートの取り付け施工
キソ切り後の状態 枡の設置
キソ切り後の状態 雨水の自然浸透で床下に湿気を呼び込む場合、家屋の外に枡を設置して、雨水の浸透を出来るだけ外へ逃がす。
クラックの補強施工 土台の連結
風窓近くのクラック(ひび割れ)をプレートにて補強施工 耐震補強金具。土台同士の連結。
布基礎コンクリートと土台の連結 防湿シート敷き込み
耐震補強金具の取り付け。布基礎コンクリートと土台とを連結。ホゾ抜けを防止する。 湿気を防ぐ防湿シートの敷き込みと、床下と大引きの耐震補強プレート。



有限会社 ハウスキーパー
〒166-0015 東京都杉並区成田東1-43-20
TEL:03-3316-9331 FAX:03-3316-6160
Copyright (C)House Keeper. All rights reserved.